ボルダリング 上達のコツ

ボルタリング初心者でも上達できるコツ!うまいくいかない理由とは?

更新日:

2020年東京オリンピックにおいて、スポーツクライミングが正式種目に決定したことを受け、今、ボルダリングに注目が集まっています。




全国各地にボルタリングを行なえる施設が増え、初心者としてボルタリングを気軽に楽しむ方々も増えてきました。

岩を登るスポーツに「クライミング」がありますが、室内クライミングでは岩の代わりに色とりどりの突起物を壁に付け、ロープやハーネスを付けて登るクライミングをインドアクライミングと言います。
「ボルダリング」はこのクライミングの一つのジャンルのことで、ロープやハーネスを付けずに、クライミングシューズと滑り止めの粉を使用してクライミングするスポーツです。

初めて行なう方でも気軽に始められるのがボルダリングの特徴ですが「なかなか思うようにうまくはいかない」と感じ挫折してしまう方が多いのもまたボルダリングの特徴です。

初心者の方でも上達できるコツはないものなのでしょうか?
具体的に見ていくことにしましょう。

魅力
ボルダリングのルール!魅力とは?

仲間と一緒に盛り上がる事ができる続ける事で達成感を得る事ができるスポーツとしてボルダリングが注目されています。 今回は、ボルダリングの魅力と、ルールについて簡単に解説したいと思います。 スポンサードリ ...

服装
女性がボルダリングをするのに最適な服装とは?

健康志向の高まりとともに、最近はバッチリ更衣室まで完備されたボルダリングのジムが、街の至るところにできてきて、一気にポピュラーなスポーツの1つになった感じがするボルダリングですが、ただ初めてボルダリン ...

スポンサードリンク

初心者でも上達できる4つのポイント

大きく分けて4つのポイントがあります。

1.脱力姿勢を覚える

ボルダリングは初心者は特に、腕の力ばかりに頼りがちですが、腕の筋肉に乳酸がたまってしまうと、それ以上続けるのが困難になってしまうため、所々で脱力することが重要になってきます。

おさえるべきコツとしては、腕を伸ばして体重を足で支えることです。足の筋肉の中でも、大腿部の筋肉量は腕の数倍もあるため、ここを中心に体重を支えることで、負荷も軽減していきます。

さらにこのとき、腰を落として目線を下にするにも重要で、目線を上げてしまうとあごが上がってしまい、体のバランスが崩れて腕に余計な負荷がかかってきてしまうので、注意しましょう。

2.足を壁に直角になるように乗せる

初心者の場合、突起物に足を乗せる際、壁面と水平にしたがる方が大勢いらっしゃるのですが、これは間違いです。

落下の危険を回避するため、足の設置面を少しでも多くしたいという気持ちもわかりますが、このような足の置き方では、脱力の姿勢が取りづらくなってしまい、動きも制限されていきます。

つまり、次のポイントである突起物に移動しづらくなるのです。こうした足の置き方ではなく、突起物にはつま先を乗せることがポイントになり、こうした体勢の方が可動域も広がりやすくなるので、次の動作もラクになります。

3.上手な「クロス」を使う

横や斜め移動をする際に、同じ突起物を両手で持っていると、移動にも時間がかかり、さらに腕の負担も増えていきます。

こうした事態を避け、手や足を「クロス」しながら登ることが重要となりますが、手足を動かす順番を間違えてしまうと体を支えるバランスも崩れてしまうため注意が必要になります。

次に置く手や足の位置にきちんとスペースを空けておかないと、動きが窮屈になってしまうため、常に先々の自分の動きを読み取りながらクロスを考えて登るようにしましょう。

4.動きの基本は足から手の順番であることを認識する

移動する際に重要なことは、前述どおり、腕の負担をなるべく減らすということであり、そのためには足から踏み出すことが大切になります。

例えばクロスで左足を右側に踏み出して、着地したときのキックの力を使って左手で突起物をつかんだとします。
こうした動きには腕への負荷はほとんどかからないため、ラクな移動も可能になります。

逆に腕を懸垂のようにして体全体を持ち上げようとすると、腕に全身の体重が集中してしまうため、落下の危険があります。

ですので、手から動くのではなく、足から動くことを常に意識するようにしましょう。

以上を踏まえ、次に初心者が上達しない特徴を見ていくことにしましょう。

スポンサードリンク

初心者が上達しない特徴とは?

大きく分けて3つあります。

1.足の使い方がうまくない

特に男性の場合、腕力で登ろうとしてしまう傾向がありますが、ある程度のレベルまでは通用しても、それ以上の上達は望めないため、足を使うようにしましょう。

2.ボルタリングの上手い人と一緒に登っていない

ボルダリング初心者が上達しないのは、ラクに登る技術を知らないことが大きな原因なのですが、自分や自分と同じレベルの人同士で登ろうとしてしまうため、上手に登るコツを知る機会がなく、なかなか上達しません。

ボルダリングを行なえる施設には、上級者が利用している場合もあるため、そうした方の動きを見て真似るだけでも上達の道は開けてきます。

3.効率よいムーブテクニックを知らない

ボルダリングは次の突起物へと移動する際、効率的に体を動かし負荷を減らすムーブテクニックがいくつも存在します。

初心者で上達しない方はこうしたテクニックを知らないため、上級者から学んだり、本や動画サイトなどをまず参考にされることをおすすめします。

中級者
ボルダリング中級者になるために必要なテクニックとは?

まずは楽しんで登る事が大切だと思います。 たくさん登ってください、家でトレーニングをしても始めは使う筋肉が違う為、あまり意味もなく結局登れません、それよりもたくさん登って登りながらコツを掴むことが圧倒 ...

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コツさえつかめば初心者でもある程度までは上達できるのがボルダリングの面白さです。東京オリンピックを控え、今後ますますボルダリングに注目が集まることは間違いありません。今から正しいトレーニングやコツをつかめば、人より一歩抜きん出られることは間違いないでしょう。

ぜひ、これまでのポイントをおさえ、トライしてみましょう。

スポンサードリンク



おすすめ記事

1

2020年東京オリンピックにおいて、スポーツクライミングが正式種目に決定したことを受け、今、ボルダリングに注目が集まっています。 全国各地にボルタリングを行なえる施設が増え、初心者としてボルタリングを ...

2

まずは楽しんで登る事が大切だと思います。 たくさん登ってください、家でトレーニングをしても始めは使う筋肉が違う為、あまり意味もなく結局登れません、それよりもたくさん登って登りながらコツを掴むことが圧倒 ...

3

最近巷で人気となっているボルダリングは、専用のジムも増え手軽にできるスポーツとして女性にも人気となっています。 人気の理由としては、年齢や性別に関係なく誰でも楽しむことができ、全身を使って登っていきま ...

4

壁を手足を使って登っていくスポーツがボルダリングです。 最近では女性や子供の間でも人気が高まっていて、始めようかと思っている方も多いことでしょう。そして現在ボルダリングを趣味としてやっている、という方 ...

5

数年前からボルダリング人口が増え始め、いまでは全国各地にボルダリング施設が存在します。 また、東京オリンピック種目にボルダリングが加わり、その人気は子供からお年寄りまで幅広い年齢層に受け入れられていま ...

-ボルダリング, 上達のコツ
-, ,

Copyright© ボルダリングナビゲーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.