ボルダリング 上達のコツ

ボルダリングのカウンターバランスの必要性と練習方法!

更新日:




ボルダリングをする時には、できるだけ疲れないように長い時間登るということは大切なポイントです。

そのためにはできるだけ効率的に力をかけずに上ることが大切です。そのような登り方をする時に、カウンターバランスというテクニックがとてもサポーティブなのです。

そこで、ボルダリングのカウンターバランスというテクニックについてご紹介してみたいと思います。

テクニック
基本ムーブの種類とテクニック!

最近、よくテレビや雑記などでも目にすることが多くなったボルダリングですが、壁を登るスポーツである一方、全身の筋肉を鍛えることができ、シェイプアップ効果も期待できることから、女性にも人気のスポーツとなっ ...

テクニック
ドロップニーのコツ!

ボルダリングは、走るのが苦手な人や、球技が苦手な人でも楽しむことができるスポーツで、頭も使って行うため、成功した時の達成感もあり、ゲーム性の高いスポーツでもあります。 また、全身の筋肉を使って登ってい ...

 

スポンサードリンク

ボルダリングにおけるカウンターバランスとは?必要性とは?

ボルダリングにおけるカウンターバランスには様々な意味があるといわれていて、競技の定義といわれているものが、カウンターバランスは側対のダイアゴナルであり、ねじりやふりといわれているのです。

ダイアゴナルということばは対角線という意味を表わし、カウンターバランスは、ボルダリングをこれから始めようとする人は必ず覚えておきたいクライミングの必須ムーブになります。このカウンターバランスがとれるようになるとこれまでは難しいと思っていたことがだんだんとできるようになれるのです。つまり、上達の大事なポイントということになります。
ボルダリングでは対角線上にある手足を使用してバランスをとるというダイアゴナルのバランステクニックがカウンターバランスなのです。

例えば、地面に右足だけで立ち、その状態から右手を思いっきり右側に伸ばすとバランスが崩れます。そのバランスを取るためには左足を用いるとバランスが取れます。

このバランスと同じように、ボルダリングをする時に右手と左足、左手と右足を用いてバランスをとり、ホールドする手の対角線上の足を延ばす方向と逆に伸ばすことによってバランスを取るというテクニックです。

そのようなバランス感覚がカウンターバランスとよばれ、それをクライミングの動きの中に取り入れたものがダイアゴナルと呼ばれています。対角線上の手足でバランスを取っていくということなのです。

このバランスの取り方がわかると中級レベルくらいのボルダリングができるようになるといわれているのです。
ボルダリングでカウンターバランスがなぜ重要かというと、足場が一か所でも力を節約しながら登ることが可能になるからだといわれています。つまり安定性を保ちながら体が回転しないようにして効率的に上ることができるからということなのです。

安定した足場が2カ所ある場合はいいのですが、実際に登る場合には足場が一か所しかないことはとても多いのです。そのためカウンターバランスができるようになるとこれまで登れなかったところを上るための戦略が描けるようになるのです。そして、ダイアゴナルを実践することによって、より楽に登れ、疲れにくく、長い間、登るということができるようになるのです。

そのため、練習の目標としては、定型外ムーブを繰り出すときに、どれだけカウンターバランスを取れるのかという点が重要で、このことはとても基本的なことだといわれているのです。

スポンサードリンク

カウンターバランスの練習方法とコツ

カウンターバランスを身につけるためには、ダイアゴナルの習得が前提といえます。

そして、ダイアゴナルを習得するためのコツは、両腕は必ず伸ばした状態で、体をねじってホールドを取りに行くということやホールドを摂る時には足をアウトサイドエッジのポジションでのせるということなどが挙げられます。

また、出した腕と反対側の足が対角線上に来るようにバランスを取るということや、遠い位置のホールドを行う時には、逆の足もしっかりと伸ばしながら体幹を意識するということなどがポイントといわれています。

テクニック
ダイアゴナルとは?コツとは?

最近巷で人気となっているボルダリングは、専用のジムも増え手軽にできるスポーツとして女性にも人気となっています。 人気の理由としては、年齢や性別に関係なく誰でも楽しむことができ、全身を使って登っていきま ...

カウンターバランスの練習方法は、左側に次のホールドがあって、左手でそのホールドをつかむという場合だと、両手片足または両手両足がホールドに乗っている状態で始めます。

まず、右足を体の外側にフラッギングをして壁にスメアリングをします。右側を振り返るように体をねじって、左肩を壁に近づけます。次に、左足の屈伸によって伸び上がり、左手で次のホールドをつかみます。

このような動きを練習していくようにします。コツは重心を置く足を置いたときに、しゃがんだような状態になることといえます。この時、腕の力はほとんど使われないので、エネルギーを節約することができて、疲れにくいといわれています。

まとめ

ボルダリングをする時には、できるだけ高いところまで登れるように、疲れないように登るということがポイントです。そのため、できるだけ力をかけずに上手く上りたいですよね。そのような場合に、対角線上のバランスを取るというカウンターバランスというテクニックはとても大切になります。

カウンターバランスはボルダリングをこれから始めようとする人は必ず覚えておきたいクライミングの必須ポイントです。このバランスができると、できることが広がって、ボルダリングをする時により高いところを目指して上ることができるようになるのです。

スポンサードリンク




 

おすすめ記事

1

2020年東京オリンピックにおいて、スポーツクライミングが正式種目に決定したことを受け、今、ボルダリングに注目が集まっています。 全国各地にボルタリングを行なえる施設が増え、初心者としてボルタリングを ...

2

まずは楽しんで登る事が大切だと思います。 たくさん登ってください、家でトレーニングをしても始めは使う筋肉が違う為、あまり意味もなく結局登れません、それよりもたくさん登って登りながらコツを掴むことが圧倒 ...

3

最近巷で人気となっているボルダリングは、専用のジムも増え手軽にできるスポーツとして女性にも人気となっています。 人気の理由としては、年齢や性別に関係なく誰でも楽しむことができ、全身を使って登っていきま ...

4

壁を手足を使って登っていくスポーツがボルダリングです。 最近では女性や子供の間でも人気が高まっていて、始めようかと思っている方も多いことでしょう。そして現在ボルダリングを趣味としてやっている、という方 ...

5

数年前からボルダリング人口が増え始め、いまでは全国各地にボルダリング施設が存在します。 また、東京オリンピック種目にボルダリングが加わり、その人気は子供からお年寄りまで幅広い年齢層に受け入れられていま ...

-ボルダリング, 上達のコツ
-

Copyright© ボルダリングナビゲーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.