ボルダリング ボルダリングの服装

男性のボルダリングをする際の服装選び!浮かない恰好とは?

更新日:

ボルダリングは、休日や仕事帰りの運動の一つとして、一気に広まってきた感じがします。





ボルダリングは、初心者大歓迎をうたい文句にして、ボルダリングジムもドンドン増えてきました。仕事帰りに友達同士で、一度ジムに行ってみようと考えている男性も、きっと多いはずです。

そこでココでは、今回初めてボルダリングジムに行こうと思っている男性のために、快適でオシャレな、ボルダリングをする服装について、紹介したいと思います。

魅力
ボルダリングのルール!魅力とは?

仲間と一緒に盛り上がる事ができる続ける事で達成感を得る事ができるスポーツとしてボルダリングが注目されています。 今回は、ボルダリングの魅力と、ルールについて簡単に解説したいと思います。 スポンサードリ ...

服装
女性がボルダリングをするのに最適な服装とは?

健康志向の高まりとともに、最近はバッチリ更衣室まで完備されたボルダリングのジムが、街の至るところにできてきて、一気にポピュラーなスポーツの1つになった感じがするボルダリングですが、ただ初めてボルダリン ...

スポンサードリンク

男性の服装のポイントとは?

まずは、シャツについてですが、トップスについては、自由に選んでもらって構いません。

基本になるのは、やはり半袖のTシャツなので、印象を明るく見せたいなら、カラフルな色を選び、無理にカラフルでなく、黒っぽいものや、紺などでも構いません。
動きやすいようにTシャツで十分だと思います。

次にパンツについてですが、特にこだわりがなければ、普段、運動する際に使う、長めのジャージとかハーフパンツを穿いていけば大丈夫です。例えば、ユニクロの、シンプルなデザインのハーフパンツだからといって、ジムの中で浮くなどということはありませんので、安心です。

目ぼしいジャージやハーフパンツが家にないという場合も、少しは動きにくいかもしれませんが、普段履いているカーゴパンツやチノパンでも、ボルダリングなら、まったく使える範囲内です。

ただし人によっては、ある程度、服装や形から入ったほうが、ココロが落ち着くなんて人もいると思います。私もそんな人間です。ここで、あなたにオススメなのが、クライミングパンツを、この機会で1本買ってしまうことかもしれません。

これにはボルダリングだけでなく、サイクリングや野外フェス、さらには、家や近所でゆったり過ごす際の、普段着としても使えるので、重宝します。

続いては靴下についてですが、こちらは、くるぶしソックスとかスニーカーソックスを1足持っていれば問題ありません。部活やサークルで、そういったタイプの靴下を履いたことがある男性も、きっと多くいると思いますが、スポーツタイプの靴下が手元にないという男子でも、例えば、量販店のユニクロ、GU、100円ショップで売っている、ベリーショートソックスが家にあるなら、ソレを履いていっても全然問題ありません。

参考までに、個人的には、5本指タイプのソックスが、おすすめで、登るときにカベを掴みやすく、終わったあとの疲労も残りにくい感覚があります。

シューズについてですが、靴については、ボウリング同様、ジムで数百円払って、レンタルすれば何の問題もありません。で、実際に何度かボルダリングを体験してみて、ハマったら、その時にあらためて、きちんとした靴を、購入すればいいと思います。

スポンサードリンク

男性におすすめの服装とは?

どのスポーツでもそうですが、ボルダリングに適した服装は伸縮性に富んだボルダリングの動きに合わせたTシャツやパンツ、それに靴下などなど。様々なボルダリング用ウェアが販売しています。

もちろんお金持ちであればボルダリング専用のウェアを買う方がいいに決まっています。ところが、その分値段は高いです。

ボルダリングを始めたての初心者が、高いお金を払っていきなりクライミング用ウェアを買うのはハードルが高く感じます。

それならまず、クライミングシューズを買ったほうがいいと思います私もボルダリングはじめたての時、服装に一時期なやんだと凝ったことがあります。
ジャージやスウェットでやると、服が重くて登りにくいし、短パンだと、足を打ったり、擦りむくとかなり痛いことがありました。

クライミングパンツなどのクライミング専用メーカーの服は高いし、そんなときにオススメなのが、量販店です。ユニクロやしまむらなどは、安価で質のいいものを揃えているので、初心者クライマーの方でも、量販店を着用している人も結構多いですしお勧めできます。

浮かない服装とは?

元々は、山や崖の岩肌を登るものスポーツだったので、ある程度、耐久性のある服が望ましかったのですが。室内で手軽に出来る競技になりつつあるので、スポーツをするようなラフな格好でかまいません。

ジムには、ジャージの方もいれば、Tシャツに動きやすいズボンで来ている方もたくさんいます。

長ズボンでボルダリングをしようとすると、足を広げようとした際にズボンが邪魔になってしまって足が開かないことがあるのでおすすめできません。

冬は冷えるので、登っていないときのために上に軽く羽織れる温かいパーカーなどがあると良いでしょう。とは言えジーンズとか、ぴたっとした服装は登りにくいと思いますので浮いてしまいます。

ボルダリングのシューズ選び方とは?
ボルダリング初心者のシューズ選びのポイントとは?

ボルダリングは、老若男女問わず人気のスポーツとして注目されています。 垂直の岩に石が埋め込まれていて、登って行くとてもシンプルなゲーム性です。 大勢でボルダリングを行えば統一感も出て盛り上がる事が出来 ...

まとめ

ボルダリングジムで浮かない、かつ快適で動きやすい服装について、ご紹介してきました。最後にもう一度、おすすめの服装についてまとめておくと、シューズは現地のジムでレンタルする。靴下はくるぶしソックスがあれば問題ない。パンツはクライミングパンツがあれば完璧です。

上着は好きな色の半袖Tシャツをセレクトすればいい。ボルダリングは、ジムの様子が実際に中に入るまで分かりづらく、不安を持つ人も多いと思いますが、今回のポイントを押さえた服装で行けば、あとはスタッフさんも優しく対応してくれるので、どうぞ安心して、初めてのボルダリングを楽しんでください。

スポンサードリンク



おすすめ記事

1

2020年東京オリンピックにおいて、スポーツクライミングが正式種目に決定したことを受け、今、ボルダリングに注目が集まっています。 全国各地にボルタリングを行なえる施設が増え、初心者としてボルタリングを ...

2

まずは楽しんで登る事が大切だと思います。 たくさん登ってください、家でトレーニングをしても始めは使う筋肉が違う為、あまり意味もなく結局登れません、それよりもたくさん登って登りながらコツを掴むことが圧倒 ...

3

最近巷で人気となっているボルダリングは、専用のジムも増え手軽にできるスポーツとして女性にも人気となっています。 人気の理由としては、年齢や性別に関係なく誰でも楽しむことができ、全身を使って登っていきま ...

4

壁を手足を使って登っていくスポーツがボルダリングです。 最近では女性や子供の間でも人気が高まっていて、始めようかと思っている方も多いことでしょう。そして現在ボルダリングを趣味としてやっている、という方 ...

5

数年前からボルダリング人口が増え始め、いまでは全国各地にボルダリング施設が存在します。 また、東京オリンピック種目にボルダリングが加わり、その人気は子供からお年寄りまで幅広い年齢層に受け入れられていま ...

-ボルダリング, ボルダリングの服装
-, ,

Copyright© ボルダリングナビゲーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.